若い肌にはホルモンバランスが大切!

女性ホルモン&成長ホルモンが美肌のカギ

お肌を綺麗にする方法というのはスキンケアだけに限ったことでありません。実は体内に存在するホルモンもかなり影響を与えるものです。特に美肌を作るために注目したいのが女性ホルモン&成長ホルモンの2種類。

女性ホルモンは別名でエストロゲンとも呼ばれます。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。エストロゲンは基本、女性の卵巣から分泌されるホルモンです。肌のハリや弾力を維持するコラーゲン細胞を増やして、蓄えている水分を保持する機能を備えています。
このエストロゲンなどを年齢を重ねてしっかりと維持することがいつまでも若々しいお肌でいることができるんですよ☆彡ここからは女性ホルモンについて少し勉強をしていきましょう。

エストロゲンのピークは20代

実はこのお肌に良い影響を与えてくれる女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は20代頃がピークとされています。一般的には妊娠、出産にも影響を与えるホルモンのため、子供を産みやすい20代の頃に最も多く分泌されると言われています。そのため30代後半から40代にかけてエストロゲンの分泌量というのは減少する傾向にあります。

 

この女性ホルモンが減るために女性は肌老化をして肌のハリ、弾力が低下してくるのです。

 

他にも女性ホルモンに影響を与えるものが食事やダイエット、睡眠などです。当然、無理なダイエットは体に負担をかけるのでホルモンバランスは悪くなります。偏った食事もよくありません。

 

大豆にはこのエストロゲンと似た働きをもつ成分が配合されています。それがイソフラボンです。もし不規則な生活でホルモンバランスが崩れている場合には大豆製品をたくさん食べるようにすると良いです。女性ホルモンは生活環境によって大きく左右されるもの。ですから規則正しい生活で良い食事を心がけることが結果として年齢を感じさせない美肌へと繋がっていきます。

成長ホルモンの分泌は睡眠がカギ

続いて成長ホルモンの話しです。
成長ホルモンは肌の修復や新陳代謝に関わってくるホルモンになります。分泌されるピークは18歳前後。それ以降はゆるやかに減少をしていきます。

 

成長ホルモンが分泌されるのが夜の寝ている時間帯です。特にゴールデンタイムと呼ばれる夜10時〜夜中2時までの分泌が最も盛んとされています。もし成長ホルモンをしっかりと分泌させてお肌の調子を良くしたい場合には上記の時間帯に就寝することが最も肌には適しています。

 

成長ホルモンの影響によって起こる肌の新陳代謝は真皮にあるコラーゲン細胞の産生に強く影響をしています。つまり成長ホルモンが止まることで肌の代謝活動も悪くなり新しいコラーゲン細胞を生み出す力が弱くなってきます。これが肌老化に繋がりシワ、たるみにも繋がります。

 

成長ホルモンというのはどうしても年齢を重ねると減少するもの。女性ホルモンを活性化させると同時にできるだけ規則正しい時間に睡眠を行って少しでも成長ホルモンを分泌させてあげることが大切です。